医者

諦めるのはまだ早い|美容外科で生まれ変われる

化粧よりも簡単な整形治療

婦人

傷を残さない治療が一般的

目の下の部分というのはへこんでいる部分と膨らんでいる部分が混在しているので、すべてがたるみであるとは判定しにくいのです。ただし年齢と共に肌のハリが衰えてくるので、目の下にたるみができやすくなります。最近の整形治療の特徴は、肌に傷を残さない施術を行うことです。目の下のたるみを除去する場合も、瞼の裏側から脂肪を除去するので全く目立たないのです。また目の下にへこみが目立つ場合はその周囲の脂肪を採取して遠心分析で濃縮し、それを目の下に注入することによって肌のハリを取り戻すといった方法も行われています。この場合も注射するだけなので傷は残りませんし、自分の脂肪なので違和感なく施術ができます。目の下のたるみが気になる場合は、とりあえずどのような治療が可能かカウンセリングを受けてみることです。

自分に合った治療を選べる

目の下のたるみの治療法としては、その他にもヒアルロン酸注射などがあります。瞼の裏から脂肪を除去したり、皮膚を切開して脂肪を除去するほどたるみが目立たない場合に行われます。ヒアルロン酸を利用する場合は完全にたるみを除去するのではなく、皮膚のハリを取り戻すことによって目立たなくさせるという工夫の1つです。また切開するのも注射するのもイヤな方には、特殊な高周波の医療器機を使って目の下を引き締めるといった治療もあります。ただしこの高周波治療を行っている整形クリニックは数が少なく、テクニックが必要な治療法なのです。そのため治療実績のあるクリニックを探す必要があります。女性の多くは年齢と共に目の下のたるみが目立ってくると化粧で隠しています。最近の整形治療は短時間で負担もなくたるみを除去できるので、思い切って施術を受けた方がメリットがあります。